賃貸マンション

トラブルを防ぐ

マンションと公園

賃貸住宅でトラブルが多いのが、退去時のトラブルです。賃貸住宅の場合、借主は退去時に原状回復義務を負っています。ただ、原状といっても、借りる前の状態に完全に戻す必要はありません。以前は、退去時に借りる前のもと通りの状況にすることを要求する貸主も多くいましたが、最近では、退去時のトラブルに対して国がガイドラインを示すなど、借主側にも情報がありますので、貸主からのあからさまな要求は減っています。一般的に、原状回復とは、借りた時点のそのままの状況に戻す必要はなく、借主が普通に生活することによって劣化した部分については原状に戻す必要はありません。このような経年劣化に伴うもの、例えば、生活によって汚れた床や壁の汚れなどについては、月々の家賃の中で負担されているのです。

経年劣化による通常の生活における汚れは、家賃の中で維持補修費を負担しているため、賃貸住宅を退去した際には、貸主側の負担でクリーニングすることになります。原状回復義務の定義が一般的になってきたとはいえ、今なお、退去時のトラブルが多い理由としては、賃貸借契約において、借主の方が立場的に弱いという状況があります。通常の場合、借主が退去する場合には、遠方に転居する場合ですから、敷金返還などの退去時のトラブルが生じたとしても提訴などの対応をする余裕がありません。そのため、退去時のトラブルを防ぐためには、当初の契約時に退去時の敷金の清算方法などきちんと整理しておく必要があります。それにより、スムーズな退去が可能になるのです。